税込10,000円以上のご購入で送料無料
ポストインなら全国一律300円
ラッピングサービスは行っておりません
はじめにお読みください

Blog

2020/05/30 13:13

今年2月のギフトショーでお披露目され、SNSが祭り状態になった、moritaMiWブランドのアートなトートバッグ。
いよいよ6月中旬から発売されることが決まりました!

それに伴い、Besteffort BASE店では予約販売を開始しました。



コロンとした、マチの広いシェイプなので、たくさんの荷物が入ります。
このマチ、まん丸ではなく、ちょっとレモン型にラウンドしています。肩にかけた時に出っ張り過ぎないのもGood.

メーカーさんによると、生地は、このバッグのために新開発したとのこと。
綿100%の厚手なのですが、帆布とは異なり、とても柔らかくて滑らかなのです。

2月のギフトショーで現物を手にとってみたのですが、まるでタオルのような肌触りのよさ。それでいて、持ち手もピンと自立する、なんとも絶妙なところを突いています。さすが今治の一流タオルメーカー。



こんな感じで裏地もしっかり付いています。しかも、使い勝手の良い大小2つの内ポケット付き!
結構、至れり尽くせりです。

そんな可愛いシェイプも、生地の素晴らしさも賞賛なのですが、このバッグの最大の特長は、絵柄がプリントではなく「織り」でできていることだと思います。

画像をよーく見てください。



色の違う糸で織ってありますよね。

プリントと織り物の違いを簡単に説明すると、プリントは、まっさらな生地に版を使って染めていきます。
短時間で大量の製品が作れるといったメリットの反面、プリントムラや、洗濯による色落ち、摩擦による色移りが起きやすいというデメリットがあります。プリントTシャツをイメージしてください。

一方、織りの場合は、あらかじめ染めた(先染めといいます)複数の糸を織って、図柄を作っていきます。
手間とコストがかかるというデメリットもありますが、深みのある柄となり、糸自体に染料が浸透しているので、色落ちや、色移りもしにくいというメリットがあります。着物などがそうですね。

実は、当社のオリジナルで、原画をジャガード織りにした商品があるのですが、「織り」でイラストや絵を表現するのは、とても難しいのです。ちょっと織り方が甘いと、原画と違うなーっとなってしまうのです。

ディテールまでこだわり抜いた、「森田MiW x 楠橋紋織」渾身のトートバッグ。
このクオリティとデザインで税込6,000円を切っているのも破格だと思います。

今回3つのデザインが発売されましたので、簡単に紹介しますね。

まずは、ウサギさん。
ベースカラーは気品溢れるボルドー色。
大きなお花畑に辿り着き、じっと遠くを見つめ、今まさに飛びまわろうとする、とても愛おしいデザインです。

お次は、テキスタイルの題材としては珍しいウ。川鵜ですね。
ベースカラーはどんなコーディネートにもマッチする白。
見事、お魚を仕留めてニンマリという感じです。

最後は森田MiWさんのモティーフとしてよく登場するネコさん。
ベースカラーは爽やかなミント色。

MiWさんは、幸という名前の猫を飼っておられるので、じっと佇んで見つめる表情が、とてもリアルに表現されていると思います。

これらの商品は、6月中旬より発売となります。予約注文をいただいた方より、順次発送いたします。

予約でのご購入にあたり、いくつか留意点がありますので、詳しくは、ショップサイト内の各商品ページをご覧ください。

【規格】
サイズ:横36〜43×高さ28.5×マチ28.5cm、底30×28.5cm、持ち手、幅3×長さ42cm
素材:綿100%  
原産国:中国

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:
森田MiW / moritaMiW プロフィール
大阪府生まれ。大阪芸術大学・工芸科陶芸専攻卒業。挿絵画家。
テキスタイル&人形作家を経てフリー・イラストレーターとして活動。
「洒落」てて「優しく」って「深く」て「華のある」モノを創っていきたいのです。
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

皆さまのご来店をお待ちしています!

東京都新宿区高田馬場3-4-13 日鉄ビル 405
TEL: 03-6908-7574